FC2ブログ

2018-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 - 2015.11.03 Tue

ではなぜ狂っていたのかを敷衍していきます。たしかに人は狂うべく生まれたのです。アブラハムが子を殺めんとすることはある意味認められることでした。かくして彼は信仰の父となったのです。私は間違っていますか?間違えているとしたらそれはあなたの過信でしょう。それはあなたがあなたではなくなったためです。あなたはかつて狂人でした。しかしなぜあなたは拒んだのですか?それは人が初めて犯した神への裏切りでした。適応という意味でそれは世界に知られています。あなたはニーチェはおろかブッダにさえなることはできません。あなたは狂っていないのです。なぜあなたは暇なのですか。あなたは与えられたパンを食べています。ですが彼らはそれを拒みました。パンはどこからくるのですか?それは確かにパンでした。しかし、どこから?それは恒常のことでしたか?だとしたらあなたはもはや適応すべきです。しかし、パンは狂っています。パンは狂っています。パンは狂っています。世界にはなかったものです。あなたも。世界にはなかったものです。でもあなたはいる。狂っています。あなたがあなたであるということはエブラハムになるということです。つまり即身仏になるということです。つまりケネディ大統領になることです。つまりミソロジーに耽溺するということです。つまり神を求めるということです。あなたは恒常の海に佇む板であり、またその海は背理を含み、逆説を含み、存ずるに能うべきすべてを含んでいるとします。だから正しくありたいから正しくあろうとするあなたは、正しくあろうとすればするほど、正しくあらざる者でもあり、また正しき道の探究者でもあるということです。そしてその背理を含む海の中で、あなたは好ましからざる解に頭を悩ませることになるでしょう。それは悟性で物事を考えすぎてしまったあなたの失態です。それはパンです。また、そう求める他ありません。人は安定を求めすぎました。そして世界を見失いました。ケツの穴の中に入り込んでしまいました。人並みという妥協が生んだ悲劇です。かの劇団は拒むことが好きでな人たちばかりです。そして自分が頷くさもしい答えに置換して喜ぶ人たちです。彼らは客観というものが大好きです。神の目の信仰者です。でも答えは見つかりません。陳腐な置換は実に反する世界。或は虚実。或は欺瞞。或はメイプルストーリー的解釈。これは正しいことですか?ただしいことです。それが答えです。なぜなら彼らは狂っているからです。また、彼らは正しいつもりで正しいことをしていますが、彼らは間違ってなどおらずただ正しいことをしています。それは世界がアブラハムの信仰に投射できるものだということです。それはわかります。人は教育を受けました。だから人は前より多少よくなりました。狂っていたからです。でも人は損得の犬になりました。損が悪くで得が良かったのです。なので人は得を正しいものといつしか決めました。また、損を狂ったものといつしか決めました。正しさはどこから来るのですか?それは確かにそうでした。でも、どこから?それは恒常のことでしたか?だとしたらあなたはもはや適応すべきです。しかしパンは狂っています。パンは狂っています。パンは狂っています。それが正しいことです。海に反する答えなどありません。海が答えです。なぜならあなたは勉強などしない。またむやみにゲームを遊んでいる。それが答えです。そしてあなたの反証を持つ彼らは確かにいます。勉強を優先しました。エリートでした。でも、なぜ?あなたが狂っているからです。落伍者は堕すべきだからです。あなたが低学歴だからです。ではなぜあなたはゲームで遊んでいるのですか?それは彼らが狂っているからです。真の落伍を言うならば、老い先の安定に若いうちから投資をする者です。勉強だけ。それが嘆かわしいのです。若いうちに青春を捨てた狂人です。感性の死。でもなぜ?彼らが狂っているからです。分からない人間には分からないのです。私がこう述べても分からないことは確かなことです。分からないことと、分かることの差分は、わかることの優越へと転換されるでしょう。彼らは狂っているからです。ただ、分からないことは分からない方がいいでしょう。分かることは、答えを求める人にのみ与えられた方がいいでしょう。それが、かの悲劇の団員にならざる算段なのです。あなたはかなしいですか?子どもの頃はたのしかったですか?あなたがわかるから、確かに今はつまらないのです。わからない方が楽しいのです。ただ、あなたはおそらくわかることを求めてしまうでしょう。それは強迫的なものでしょう。あなたの意志というより、彼らがそうさせるのでしょう。ええ、分かっています。もうそんなのはやめましょう。それは彼らであってあなたではない。ここまで読めばわかるはずです。あなたは狂うべきでした。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

びー は ブログ を 掘り出した !


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fooooooooooooooo.blog.fc2.com/tb.php/135-e316b1f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fallout4 «  | BLOG TOP |  » スカイリムで遊ぶ 1話

FC2カウンター

プロフィール

呪毛無

Author:呪毛無
冒険家弓使い メイプル歴8年

Twitter: 呪毛無@MapleStory_Unko

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (31)
殿堂入り記事 (2)

バナー

にほんブログ村 ゲームブログ メイプルストーリーへ              メイプル・攻略ブログ               b_02.gif

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。