FC2ブログ

2018-11

メンヘラ呪毛無 心の旅 序章 - 2015.11.14 Sat

2015-11-10_00001.jpg

steamm.png 「フォールアウト4のプレイ日記だゾ」

はじめに
・初見&英語
・グロ描写、ショッキングな記事内容
・ネタバレ


1945年 第二次大戦以降、たしかにアメリカは豊かだった
テレビ、ジャズ、映画がわんさか、果てにはケネディが月にロケットをぶっぱなす
誰もがその栄華に"自信"と"希望"を抱いていたんではなかろうか
いわゆる"古き良きアメリカ"というものである


時は流れ 今より少し未来の話
かつての"輝かしい時代"を継承しつつ 更なる技術革新を遂げた未来である 
しかしその一方で アメリカの栄光には翳りが見えはじめる

石油が枯渇したんである


2015-11-10_00002.jpg

2052年 後を追うように資源戦争(Resource Wars)が勃発する
石油の枯渇、それに伴う価格の高騰が原因らしい
あとはそれを巡る対立、で、中国とアメリカが戦争
ドンパチが激化しにっちもさっちもいかんという状況だ

こうなったら次に起こることは決まってる
もはや我々に時間は残されていないんである


2015-11-10_00004.jpg

で、これが2077年の俺 イケメン妻子持ち 
正直これをブスとか思ってるやつ鏡見た方がいいよ お前の顔も大したことない
てかこんな顔のやつが結構大学にいるんだけど


2015-11-13_00002.jpg

人をブスと見下すやつの心がブスってよくいいますけどね
こんなこと思うやつはブス以外おらんですわ
ブスがコンプを紛らわせる為に考えた言い訳ってかんじだよね
俺?だから俺は見ての通りだよ


2015-11-10_00005.jpg

さっきからセールスがうざいんで何事か聞いたら
核戦争に備えて核シェルターの住人になろうキャンペーン実施中らしい
ところでFallout4ってゲーム知ってる?核で荒廃した土地を歩きまわるんだとよ
じゃあなんでこのアメリカは荒廃してないの?


2015-11-13_00003.jpg

署名の際に初期ステータスの入力を求められたのでこんな感じにした
Intelligence(知能) と Luck(幸運)がカンスト
Strength(力)が4 あとは全部1(雑魚)

インテリなのは言うに及ばずだけど  俺めちゃくちゃ運が良いんだよね
あと力にもちょっと自信あってさ 加えてこの風貌だろ
俺ってマジかっこいい (※カリスマ1)


2015-11-13_00004.jpg

息子のショーン君です かわいいですねえ
ショーン君はこんなブスでキモいおっさんの俺であってさえも笑顔を向けてくれるんですよ
ショーン君はいいなあ これから何にだってなれるんだもんなあ

俺はなんか、おかしな感性だけで生きてきて そらおもろい人生だったけど
なんか、さっきの初期ステータスみたいでさ 時々哀しくなるんですよ
もっとふつうの人生を送りたかったなあ・・・

え、ニュース速報?


2015-11-14_00001.jpg

TV「We do have comfirmed reports of nuclear detonations in York and Pennsylvania.....」
TV「My God....」

核爆弾がこの街にもうすぐ飛んでくるらしい
それだと困るので呪毛無は核シェルター Vault111に逃げることにした
おそらく一刻を争う事態だからとにかく全力で走りまくった


2015-11-14_00002.jpg

街の住人全員が一斉に山頂のシェルターに避難する
が シェルター住民票に登録していない人間は入れてもらえない
弾かれた人間はフェンスの外で絶望している 
呪毛無は数分前に登録したおかげで入ることが許された

自分たちは助かってほっとしている そんな悪意に近い満足すらある
その一方でフェンスの外を救えないでいる無力感と哀しみ
ゲームでここまで考えさせられたのはこれが初めてかもしれない

ほんとうに"あり得ること"だから恐ろしい
誰かが核を使えば世界が一瞬で滅ぶ そういう世界に今生きている
自分もフェンスの外の人間になりうるということもありえるのだ

2015-11-14_00003.jpg

で、そうした陰鬱な気分で丘の上まで登った呪毛無だったんだけど
シェルター入口についたと同時に核爆発が起こってしまった
爆風は猛スピードで彼に迫ってくる 一刻の猶予もない 

そんな時、俺はなんか昔の事を思い出していた
陰キャならだれでも1回は思う"学校なんか爆発してなくなればいい"という妄想
時にその"なくなる"という現象を魔法のようにとらえていたが
たった今、物理的に"なくなる"というのは,こうした莫大なエネルギーによる分解であると思い知らされた

はたして "なくなる"ということは本当にひどいことなのか、と考えてしまう
人が亡くなる、物が無くなる、物体である以上"なくなる"ことは不可避だが
魔法みたいに完全に"なくなる"ということはあり得ない 
実はまだそこにあったりするのだ

死の意味について考えを巡らせる

どうやら意味というものは副次的なものらしく、そもそも世界には意味がない
自分が生まれてはじめて、その意味らしいものがつくられるんじゃなかろうか
だから自分が死ぬ意味という前提それ自体が、世界を前提にしていないで、自分を前提にしているんだ
当然自分を前提にするならば死に意味はなく、死なんかない方がいい だって誰もがみんな生きたいから

でも俺は死ぬことにも意味があるんじゃなかろうかと考えてしまう
それは自分を前提にするんではなく、世界を前提にするとわかるかもしれない
それは自分の外に、自分という存在のすべての意味を見出すってことなんだ

他人を1つの世界と見るならば、その世界を生かし、自分が死する意味というものもあったはずだ
あの爆発の前に押し寄せた住人が、全員Vault111に入ったら、全員死んでいたかもしれない
戦争で大義の為に散っていった人たちも、自分の外に意味を求めていたにちがいないのだ

自分以外の世界に、自分のすべての意味を見出す それが死ぬことかなって思ったんだ 

じゃあ、死ぬことって、そんなにわるくねえんだなって・・・


大変!呪毛無がメンヘラになっちゃった!!!
彼はいったいどうなってしまうのだろうか??????
この社会で生きる希望を見いだせるのだろうか?!?!?!
絶望のアポカリプスの末に彼が見たものとは?!?!??!

次回に続く!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


スポンサーサイト

● COMMENT ●

微妙に記事の内容が変わってる…

少し変えた


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fooooooooooooooo.blog.fc2.com/tb.php/137-a874981d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

メンヘラ呪毛無 心の旅 第1章 «  | BLOG TOP |  » Fallout4

FC2カウンター

プロフィール

呪毛無

Author:呪毛無
冒険家弓使い メイプル歴8年

Twitter: 呪毛無@MapleStory_Unko

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (32)
殿堂入り記事 (2)

バナー

にほんブログ村 ゲームブログ メイプルストーリーへ              メイプル・攻略ブログ               b_02.gif

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR